Body feel  代表 トレーナー

         小林 聡 (Aki  Kobayashi)

 

・JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会)認定トレーニング指導者

・NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)認定パーソナルトレーナー

・NESTA ウェイトマネジメントサポートトレーナー

・日本PNFテクニック協会 認定アドバンストレーナー

・JCCA(日本コアコンディショニング協会)認定ベーシックコンディショニングトレーナー

・スポーツモチベーション フィジカルトレーナー協会 アドバンス講習受講

 

 

 

 

 

 

Parsonal condisioning  Body feelホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

Body feel代表の 小林 聡(あき)と申します。

 

Body feelでは、お客様からいただいた大切なお時間の中で、

私、小林がマンツーマンでお客様のご要望にお答えして参ります。

どんなスタッフとマンツーマンになるのか・・・

不安な方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

そこで、このページでは、Body feelコンセプトの事、私自身の事をお話させていただこうと思っております。

少しだけお時間を頂ければ幸いでございます。

 

 

Body feelは、お客様にとって、居心地が良く、楽しいと感じていただける空間、

真摯に自分自身と向き合う場所・・であることを第一に、

 

〇お客様自身が、ご自身の身体に対する理解を深めていける。

 

〇姿勢を見直し、肩こり、腰痛などの改善、怪我をしない身体作りを目指す。

 

〇ご自身の生活スタイルに合わせた筋力UP、ボディメイクにより、

 お客様の目標とする身体の獲得。

 

〇最終的には、自分自身の身体をお客様ご自身でコンディショニング、コントロールしていけるよう、

 知識、技術面からのバックアップ。

 

 

上記の4つをサロンの柱として、トレーニング指導や体のケアをさせていただく、

トータルコンディショニングスペースです。

 

腰痛、肩こり、むくみなど、たくさんの方々に共通する身体の不調は山のようにあります。

しかし、同じ腰痛でも、原因は人それぞれだったりします。

そういった、

 

『お一人お一人の身体の違いを見て、お客様に合わせたトレーニング、施術ができる。』

 

これこそ、マンツーマンセッションの大きなメリットであり、

お客様の目標達成に少しでも効率よく、確実に到達できる方法ではないかと考えております。

 

 

 

私事になりますが、中学高校とソフトテニス部に所属し、一応インターハイ出場も果たしましたが、

実は小さなころからF1が好きで、F1ドライバーになることが夢でした。

18歳からレースを始め、家族やたくさんの方々の応援を頂き、ご縁もあり、大きなレースに出場させて頂いたりもしましたが、

不甲斐なく、力及ばず、27歳の時にレースから離れることを決意致しました。

大きな目標を自分から絶ったことで、改めて自分にとっての夢であったレースの大切さに気付き、路頭に迷っていた時、

ただ運動不足の身体を解消するためだけに入会したゴールドジムというフィットネスクラブで、

ご指導いただいたトレーナーさんに感銘を受け、ゴールドジムに入社することを決意し、

幸いにも採用して頂き、様々な知識と、多くの現場経験をさせていただきました。

そして、格闘技と出会い、キックボクシング、ボクシングを通じて、ここでもたくさんの事を学ばせていただきました。

7年弱のジムスタッフ勤務期間の中で巡り合うことのできたゴールドジムメンバー様たちには、

多くの刺激と課題、感動を頂き、トレーナーとしての第一歩を作り上げてくださった大きな大きな存在です。

 

・・・長くなりそうな気配がするので・・この辺で切り上げなければ・・・^^;!!

 

 

ソフトテニスを始めた中学1年生から、プロライセンスを獲得してからボクシングを辞めることを決めた32歳までの

約19年間、自分が現役選手であろうとする中で、様々なトレーニングを実践し、数えきれない怪我もしてきました。

自分が経験してきたことも活かして、少しでもお客様のお力になれるよう精進してまいります。

 

最後に、自分にとって生涯の夢であると思っていたレースから離れたことで、たくさんのお客様との出会いが生まれました。

年月が経ち、本当にたくさんの方達に支えられていたレース時代に感謝すると共に

私に新しい夢を与えてくださったたくさんのお客様達に、感謝感謝しかありません。

 

 

日々勉強、精進あるのみと考えております。

Body feelを末永く、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

                                          小林 聡